名古屋市のSONY販売店 カトーデンキのホームページへ

VAIOのおすすめカスタマイズ

ビジネスノートパソコン「VAIO」のレビューと失敗しないカスタマイズ例を紹介!

SIMカードの種類と、通信サービスや料金プランのよくあるパターンまとめ

VAIO S11は2017年9月に新モデル(2017年秋モデル)が発表されました。これまでのS11を強化し「新たなLTE」を搭載した話題のモデルになっています。最新モデルはソニーストアで販売中。

SIMカード 種類3
SIMカードを挿入すれば、単体で通信ができるようになるVAIO S11

もうWi-Fiスポットを探したり、ポケットWi-Fiの電源を入れたり、スマホのテザリングをONにする必要はありません!

SIMカードさえ入っていれば、VAIO S11を開いたら、ネットにつながるからです!

鬼に金棒!VAIO S11にSIMカード!

「SIMカードって聞いたことあるし、なんとなくはわかるけど・・・」

SIMカードも大きさや通信サービス、価格プランなど結構種類があるので、いざ契約するときには注意が必要です!

というわけで、今回は、SIMカードの種類と、通信サービスや料金プランのよくあるパターンを紹介していきます。

VAIO S11にオススメのSIMを知りたい方はVAIO S11 LTEモデルにオススメする7つのSIMカードをご覧ください。

SIMカードって何?どういうときに必要なの?

SIMカード
引用:wikipedia

SIMカードとは?
スマートフォンや携帯電話で通信・通話を行なう時に必要なICカードの事です。このカードが入っていることで、契約した通信会社の回線を使える端末であることの証明になっています。

SIMカードがなくてもWi-Fiを利用することでインターネットを使うことはできますが、

Wi-Fiがないところでもインターネットを使いたいときにSIMカードを利用します。

VAIO S11のスペック表

SIMカードの大きさは3種類

SIM種類
SIMカードは3種類のサイズがあります。

標準SIM・microSIM(まいくろしむ)・nanoSIM(なのしむ)です。

端末によって、入る大きさと入らない大きさがあるので注意が必要です。

  • 標準SIM:PS Vita・Acer Liquid Z200(スマフォ)など
  • microSIM:VAIO S11VAIO Phone Biz・Xperiaなど
  • nanoSIM:iPhone 6S・arrows M02・Nexus 6Pなど

標準SIMは現状では対応機種は減少しつつあります。

スマフォ(特に国内メーカー)もmicroSIMやnanoSIMがほとんどです。

SIMカードを搭載したい端末のSIMカードの種類を間違えないように注意しましょう。

VAIO S11にはmicroSIMを選ぶべし!

SIMカードにはサイズ以外にも3種類ある

SIMカード 種類3
大きさ以外にもSIMカードには種類があります。

  • データ通信のみ(インターネットが使える)
  • データ通信+SMS(電話番号を利用したメッセージ機能)
  • データ通信+SMS+音声通話(音声通話機能付き)

VAIO S11は、インターネット接続が出来る「データ通信のみ」を選んでください。

VAIOで電話も出来れば便利だからといって「音声通話」が付いたSIMカードを買ってしまっても、

パソコンには電話機能がないため電話を受けたり発信したりすることが出来ないからです。

逆に、スマートフォンのように電話機能があるものなら、音声通話SIMを選ばないと、通話できないという事態にも陥ります。

VAIO S11にはデータ通信SIMを選ぶべし!
音声通話やSMSは不要!

データ通信プランの各社サービス内容のパターン

データ通信のみのSIMカードの通信プランのサービス内容(通信量や速度など)を分類してみました。

料金体系のパターン

  • 月額定額制
  • 使った分だけ段階的に料金アップ
  • プリペイド(前払い方式)

一番多いのは月額が決まっているサービスですね。

月額料金の高い低いで、次に紹介する通信サービスの質(通信速度や高速通信の容量など)に違いがでるイメージです。

通信サービスのパターン

  • 通信量無制限(高速通信)
  • 通信量無制限(低速)
  • 月〇GBまで(超えると超低速に)
  • 1日〇MBまで(超えると超低速に)

Youtubeなどの動画を快適に視聴できるレベルの高速通信は、一定量のデータ通信を超えると利用が制限されるのが一般的です。

高速通信の利用が制限されても、インターネット接続自体はできるように配慮されていますが、通信速度はかなり遅くなります。

通信サービスと価格を天秤にかけることになります。

通信速度の高速なSIMがオススメの方

  • 動画やデータ通信を頻繁にする予定がある
  • 場所を気にすること無く、高速インターネットを優先して考えている
  • 通信手段は常にLTEと考えている

まずは通信速度でイライラしたくない方は高速通信のSIMを選びましょう。

使う機会が多い方なら、通信速度が高速でないとストレスが溜まりますし、作業効率も落ちてしまいます。

さらに、定額制で通信速度制限が無いプランの通信会社をオススメします。

定額かつ速度制限がない通信プランについてはVAIO S11 LTEモデルにオススメする7つのSIMカードで紹介しています。

定額制で通信速度制限が無いプランのメリットは、LTE対応のVAIO S11とSIMカードさえあれば、

仕事場や家、カフェなどでの日常生活時のネット接続はもちろん、

引っ越しした際などにネット回線の開設工事をしなくても電波さえあればどこでもネットと繋がる事ができる点などです。

通信速度が速くて制限なしのSIMを選ぶと、家で動画を見るときもなかなか動画を読み込まないといったことや、通信制限を気にせずに楽しめるのでオススメです。

もちろん、価格帯は高めになりますが、通信速度や通信制限などいろいろなことを気にせずVAIO S11を常にインターネットにつなげておけるのは魅力ですよね。

価格帯の低いSIMカードがオススメの方

  • 外出時にちょっとした事でも通信が出来たら便利!低価格のSIMを契約しておきたい(メインはWi-Fi)
  • 動画をパソコンでは見ない。メールやちょっとした調べごとに使うのみ

インターネットの使用頻度が少ない場合や、

普段、自宅や職場などのWi-Fi環境下で活動している場合は、

通信量は少なくて済むので、定額制の通信プランよりも、格安SIMで運用するのがオススメです。

格安SIMでは、1日または1ヵ月あたりに利用できる通信量が決められていて、使える通信量に応じて価格が決められているパターンがほとんどです。

通信量をオーバーしてしまうと、通信速度がガクッと落ちてしまいます。

ただ、インターネット自体には接続できますし、遅いといっても昔の携帯電話でインターネットにつないでいた程度の速度は出るので、メールやLINEなどでのメッセージのやりとりは十分できます。

Youtubeなどの動画はデータ量が大きいので、視聴する場合は要注意です。

想像していたよりもあっという間に容量がなくなっていきます(笑)

動画などはWi-Fi環境下で視聴するように気を付ければ、格安SIMでも十分運用できます。

実際、どんなSIMがあるのかは、VAIO S11 LTEモデルにオススメする7つのSIMカードをご覧ください。

VAIO S11のレビュー記事はこちら!

「VAIO S11」2015年冬モデル!買いたい人が最後に見るレビュー

各メーカーの「LTE」 搭載パソコンまとめ

各メーカーの「LTE」 搭載パソコンまとめ(2016冬)

VAIO S11は2017年9月に新モデル(2017年秋モデル)が発表されました。これまでのS11を強化し「新たなLTE」を搭載した話題のモデルになっています。最新モデルはソニーストアで販売中。

ソニーストア VAIOキャンペーン情報

ソニーストア VAIOキャンペーン情報
VAIO Z フリップモデル
「通常最低構成価格」:販売価格199,800円~ ⇒ 129,800円~
(2018年8月1日(水)9:00まで延長)

・キーボードキャンペーン実施中(2018年8月1日(水)9:00まで)
「英字配列」もしくは「日本語配列(かな文字なし)」の選択で、通常+5,000円のところが+0円

VAIO Z クラムシェルモデル
現在実施中のキャンペーンはありません。
VAIO S11
・ストレージキャンペーン実施中(2018年8月8日(水)9:00まで)
「第三世代ハイスピードプロSSD 1TB」:販売価格125,000円 ⇒ 105,000円
「第三世代ハイスピードプロSSD 512GB」:販売価格60,000円 ⇒ 50,000円
「第三世代ハイスピードプロSSD 256GB」:販売価格15,000円 ⇒ 10,000円

VAIO S11(オールブラックエディション)
・ストレージキャンペーン実施中(2018年8月8日(水)9:00まで)
「第三世代ハイスピードプロSSD 1TB」:販売価格110,000円 ⇒ 95,000円
「第三世代ハイスピードプロSSD 512GB」:販売価格45,000円 ⇒ 40,000円

VAIO S13
・ストレージキャンペーン実施中(2018年8月8日(水)9:00まで)
「第三世代ハイスピードプロSSD 1TB」:販売価格125,000円 ⇒ 105,000円
「第三世代ハイスピードプロSSD 512GB」:販売価格60,000円 ⇒ 50,000円
「第三世代ハイスピードプロSSD 256GB」:販売価格15,000円 ⇒ 10,000円

VAIO S13(オールブラックエディション)
・ストレージキャンペーン実施中(2018年8月8日(水)9:00まで)
「第三世代ハイスピードプロSSD 1TB」:販売価格110,000円 ⇒ 95,000円
「第三世代ハイスピードプロSSD 512GB」:販売価格45,000円 ⇒ 40,000円

VAIO S15
・ストレージキャンペーン実施中(2018年8月8(水)9:00まで)
「第三世代ハイスピードプロSSD 1TB」:販売価格135,000円 ⇒ 115,000円
「第三世代ハイスピードプロSSD 512GB」:販売価格70,000円 ⇒ 60,000円
「第三世代ハイスピードSSD 256GB」:販売価格30,000円 ⇒ 25,000円
VAIO C15
現在実施中のキャンペーンはありません。
VAIO Z Canvas
販売終了しました
VAIO 買い替え応援キャンペーン
期間中、メーカーを問わずパソコン下取をソニーストア直営店舗では最大30,000円、ソニーストアオンラインでは最大25,000円お得になるキャンペーンです。ソニーストア直営店舗では、下取をしてほしいパソコンを持ち込んで、下取金額を確認していただきます。そこから新しい商品を購入の際に下取金額を値引きしています。

その値引き額が最大30,000円になります。

ソニーストアオンラインでは、お申込みいただいてから無料で商品を引き取って査定額を提示しています。

ソニーストアオンラインからの場合は、その査定額が最大25,000円アップしています。
下取対象商品や条件、下取査定の一例はソニーストアホームページからご確認できます。

キャンペーン期間:2018年5月24日(木) ~ 2018年8月8日(水)

過去に実施されたキャンペーンを確認してみる。

      2016/11/22

 - VAIO S11 , ,