名古屋市のSONY販売店 カトーデンキのホームページへ

VAIOのおすすめカスタマイズ

ビジネスノートパソコン「VAIO」のレビューと失敗しないカスタマイズ例を紹介!

各メーカーの「LTE」 搭載パソコンまとめ(2016冬)

今回は、2016年11月現在で発売されている「LTE」を搭載したノートパソコンをまとめてみます。

20161115_104852

色々な場所へ持ち運ぶときに非常に便利な「LTE」に対応したパソコンを紹介します。

概要

VAIO S11にVAIO唯一の「LTE」が搭載されています。

今回は比較の意味も込めて、VAIO S11以外に「LTE」を搭載している各メーカーのノートパソコンを見ていこうと思います。

LTEとは?

LTEは「Long Term Evolution(ロング・ターム・エボリューション)」の略称です。

携帯電話の新しい通信規格として2009年ごろから普及し始めました。

従来が「3G(3rd Generation)」ならLTEは「3.9Gや4G(4th Generation)」と呼ばれます。

LTEは3Gと同じ周波数帯域(通信を行う範囲)を使用します。

帯域幅(データ通信の速度)は、以下に区分されます。

  • 1.4MHz
  • 3MHz
  • 5MHz
  • 10MHz
  • 15MHz
  • 20MHz

このようにそれぞれ決められていて、この帯域幅を3GとLTEは共通で使用しています。

特徴として、

  • 下りの速度は帯域幅を束ねる事が可能
  • 上りの速度は帯域幅に依存する

ということです。

下り(受信)に関しての速度は、帯域幅を束ねて以前よりも格段に速度アップが図られています。

上り(送信)に関しては、帯域幅を束ねても実際に機能するのは1つだけの為、帯域幅の種類にその速度は依存する形になります。

LTEは、20MHzの帯域幅で「下り速度:100Mbps以上」「上り速度:50Mbps以上」を条件に改良が進められています。

LTEがパソコンに搭載されるメリット

通信範囲の広さ

まず、挙げられるのが「通信できる範囲が広い」ことです。

知っている方も多いと思いますが、LTEが広く浸透しているのが「スマートフォン」です。

つまりスマートフォンが使えるエリアでパソコンが通信可能ということです。

20161121_115803
引用元:NTTドコモ

赤い部分はLTEの中でも更に高速の「PREMIUM 4G」エリアです。

オレンジの部分は従来のLTEエリアです。

自分の住んでいる名古屋近郊はほぼカバーされています。

20161121_115825
引用元:NTTドコモ

関東圏は言うまでもなくカバーされていますね。

ちなみに、赤い部分のPREMIUM 4Gに関しては、NTTドコモの対応SIMカードが必要になるわけですが、LTEの範囲に関してはほぼ違いは無いと思います。

NTTドコモでなくてもLTE対応SIMカードであれば広範囲で通信可能です。

何より使いやすい!設定も簡単

LTEなら、ポケットWi-Fiやスマートフォンからデザリングなども一切不要になります。

パソコン本体にLTE対応のSIMカードを差し込むだけです。

普段使っているスマートフォンのようにすぐに通信ができます。

それが、個人的には一番重視するポイントであり魅力的と感じるポイントです。

少し前までは、ポケットWi-Fiを使っていた時期もありましたが、ポケットWi-Fi自体のバッテリー持ちの悪さなどで、ものすごく使いづらかったのを覚えています。

LTE搭載ならパソコンだけのバッテリーだけ気にすればいいので、いざってときに使えないストレスは感じなくなりますよ。

LTE搭載パソコンまとめ・市場状況(2016・11)

20161121_122820

2016年11月現在では、LTEに対応したパソコンは検索で多くヒットします。

しかし大半は、いわゆる「2 in 1」と呼ばれるパソコン・タブレット両用モデルです。

純粋にパソコンのみにLTEが搭載されているモデルはかなり数が絞られます。

2 in 1 モデルとラップトップモデル(従来のノートパソコン)をそれぞれまとめてみました。

LTE搭載パソコン(2 in 1モデル)

東芝

N72/V

color_slide_01
引用元:TOSHIBA

モデル名 PN72VGP-PJA
OS Windows10 Home 64bit
CPU インテル Atom x5-Z8300 1.44GHz(ターボ時:1.84GHz) 4コア/4スレッド
メモリー 4GB
ディスプレイ タッチパネル 12型(3:2) 1920×1280ドット
ストレージ SSD 128GB
外形寸法「幅×奥行×高さ」 タブレット:約299.4mm × 203.0mm × 6.9mm
キーボードドック使用時:約299.4mm × 203.0mm × 14.9mm
質量 タブレット:約588g
キーボードドック使用時:約999g
SIMカード microSIM

ASUS

TransBook T100TAL

20161121_141255
引用元:ASUS

モデル名 TransBook T100TAL
OS Windows8.1
CPU インテル Atom Z3735
メモリー 2GB
ディスプレイ タッチパネル 10.1型 1366×768ドット
ストレージ eMMC(*1) 32GB
外形寸法「幅×奥行×高さ」 タブレット:約263mm × 171mm × 10.5mm
キーボードドック使用時:約263mm × 171mm × 21.4mm
質量 タブレット:約580g
キーボードドック使用時:約1100g
SIMカード microSIM

(*1)eMMCはHDDとSSDの中間にあたるストレージです。

NEC

LAVIE Direct HZ(D)

zero1_block1_pc
引用元:NEC Direct

モデル名 GN11S4/69・GN11S6/69(*1)
OS Windows10 Home/Pro 64bit(*1)
CPU インテル Core m5-6Y54 1.10GHz(ターボ時:2.7GHz) 2コア/4スレッド
メモリー 8GB
ディスプレイ タッチパネル 11.6型 1920×1080ドット
ストレージ SSD 128GB
外形寸法「幅×奥行×高さ」 タブレット:約292mm × 192.5mm × 7.6mm
キーボードドック使用時:約294mm × 206.5mm × 13.4mm
質量 タブレット:約410g
キーボードドック使用時:約798g
SIMカード nanoSIM

(*1)NEC Directにてオーダーメード可能です。

Microsoft

Surface 3

20161121_144951
引用元:Microsoft

モデル名 Surface 3
OS Windows8.1
CPU インテル Atom x7-Z8700
メモリー 2GB/4GB(*1)
ディスプレイ タッチパネル 10.8型 1920×1280ドット
ストレージ SSD 64/128GB(*1)
外形寸法「幅×奥行×高さ」 約267mm × 187mm × 8.7mm
質量 約622g
SIMカード nanoSIM

(*1)Microsoftから購入で選択可能です。

HP

Elite ×2

hp02
引用元:Microsoft

モデル名 Elite ×2 1012 G1
OS Windows10 Pro 64bit
CPU インテル Core M3-6Y30 0.9GHz(ターボ時:2.2GHz)
メモリー 4GB
ディスプレイ タッチパネル 12型 1920×1280ドット
ストレージ SSD 128GB
外形寸法「幅×奥行×高さ」 タブレット:約300mm × 213.5mm × 8.05mm
キーボードドック使用時:約300mm × 213.5mm × 13.45mm
質量 タブレット:約820g
キーボードドック使用時:約1205g
SIMカード microSIM

Panasonic

レッツノート RZ6

20161121_154720
引用元:Panasonic

モデル名 CF-RZ6EFLQR
OS Windows10 Pro 64bit
CPU インテル Core i5-7Y54 1.2GHz(ターボ時:3.2GHz)
メモリー 8GB
ディスプレイ タッチパネル 10.1型 1920×1200ドット
ストレージ SSD 256GB
外形寸法「幅×奥行×高さ」 約250mm × 180.8mm × 19.5mm
質量 約775g
SIMカード 標準SIM
レッツノート MX5

20161121_155411
引用元:Panasonic

モデル名 CF-MX5XF8QR
OS Windows10 Pro 64bit
CPU インテル Core i7-6500U 2.5GHz(ターボ時:3.1GHz)
メモリー 8GB
ディスプレイ タッチパネル 12.5型 1920×1080ドット
ストレージ SSD 256GB
外形寸法「幅×奥行×高さ」 約301.4mm × 210mm × 21mm
質量 約1255g
SIMカード 標準SIM

LTE搭載パソコン(ラップトップモデル)

VAIO

S11

ws000367
引用元:VAIO

モデル名 VJS1111
OS(*1) Windows10 Home 64bit
Windows10 Pro 64bit
Windows8.1 Pro 64bit
Windows7 Pro 64bit
CPU(*1) インテル Core i7-6500U 2.5GHz(ターボ時:3.1GHz)
インテル Core i5-6200U 2.3GHz(ターボ時:2.8GHz)
インテル Core i3-6100U 2.3GHz(ターボなし)
メモリー(*1) 8GB
4GB
ディスプレイ 11.6型 1920×1080ドット
ストレージ(*1) 第二世代 ハイスピードSSD 512GB(PCIe)
第二世代 ハイスピードSSD 256GB(PCIe)
SSD 128GB(SATA)
外形寸法「幅×奥行×高さ」 約284mm × 190.4mm × 16.4~19.1mm
質量 約920~940g
SIMカード microSIM

(*1)ソニーストア購入時に選択可能です。

Panasonic

レッツノート SZ6

20161121_161824
引用元:Panasonic

モデル名 CF-SZ6FDQPP
OS Windows10 Pro 64bit
CPU インテル Core i7-7500U 2.7GHz(ターボ時:3.5GHz)
メモリー 8GB
ディスプレイ 12.1型 1920×1200ドット
ストレージ(*1) SSD 256GB
外形寸法「幅×奥行×高さ」 約283.5mm × 203.8mm × 25.3mm
質量 約1050g
SIMカード microSIM

まとめ

2 in 1モデルは持ち運びしやすさが魅力

LTE搭載した2 in 1モデルは多くがディスプレイ部とキーボード部が分離するモデルです。

ディスプレイ部をタブレットとして持ち運ぶことができるモデルが多くキーボードを取り付けることで簡易的なパソコンになるという身軽さを持っています。

重量を見ても1kgにも満たないモデルもあるので、女性の方にも負担を掛けない重さです。

ただし、スペックに関しては妥協しなくてはならないと思います。

特に、CPUは少しだけラップトップに比べると劣っています。

2 in 1モデルの処理力は、まだまだこれからといった印象でした。

ビジネスにはラップトップモデルが安心

CPUやストレージ面でもビジネスで使うとするならストレスを感じないのは間違いなく「ラップトップモデル」だと思います。

高品位なCPUが搭載されていることが大きな違いです。

高クロック数を出しているCPUを搭載しているので、全体的のレスポンスの高さが快適に使えるということです。

ラップトップモデルに関しては、CPU性能の高さや軽量さなどLTE搭載でどこでも心地よく使えるモデルになっていると思います。

ビジネスで使うなら断然「ラップトップモデル」がおすすめです。

LTE・SIMカード関連レビュー

SIMカードの種類と、通信サービスや料金プランのよくあるパターンまとめ

VAIO S11 LTEモデルにオススメする7つのSIMカード

VAIO S11 LTE搭載モデルで屋外でもインターネットを使おう!

ソニーストア VAIOキャンペーン情報

ソニーストア VAIOキャンペーン情報
キャンペーン期間 : 2017年6月30日(金) AM9:00まで

VAIO Z フリップモデル
現在実施中のキャンペーンはありません。

VAIO Z クラムシェルモデル
現在実施中のキャンペーンはありません。

VAIO S11
現在実施中のキャンペーンはありません。

VAIO S13
現在実施中のキャンペーンはありません。

VAIO S15
現在実施中のキャンペーンはありません。

VAIO C15
現在実施中のキャンペーンはありません。

VAIO Z Canvas
販売終了しました

ストアオリジナル13インチ用PCケース同時購入キャンペーン
対象VAIOと「ストアオリジナル13インチ用PCケース」を同時購入でPCケースをお得に購入することができます。

対象VAIO:VAIO Z(フリップモデル/クラムシェルモデル)、VAIO S13
ストアオリジナルキーボードウェア同時購入キャンペーン
対象VAIOと「ストアオリジナルキーボードウェア」を同時購入でキーボードウェアをお得に購入することができます。

対象VAIO:VAIO S15、VAIO C15

      2016/11/26

 - VAIO S11, その他 , ,