名古屋市のSONY販売店 カトーデンキのホームページへ

VAIOのおすすめカスタマイズ

ビジネスノートパソコン「VAIO」のレビューと失敗しないカスタマイズ例を紹介!

VAIO S11次期モデルの発表時期予想(願望)と考察。【2016年11月ver】

現行モデルが登場してからだいたい1年が経とうとしているVAIO S11。
LTE搭載機種として注目を集めました。

そろそろ新機種が出てきてもおかしくないのではないかということで、発表時期等の予想をしてみました。

12月verはこちらから

まずは過去のデータを見ていきます。

VAIO S11の系譜

VAIO S11のひとつ前のモデルは、VAIO Pro11です。
そのVAIO Pro11はソニー時代からあるモデルで、2013年夏モデルが初代になります。

初代VAIO Pro11からVAIO S11の発表時期を並べると次のようになります。

  • VAIO Pro11 2013年夏モデル 2013年6月発売
  • VAIO Pro11 2013年秋冬モデル 2013年10月発売
  • VAIO Pro11 2014年春モデル 2014年2月発売
  • VAIO Pro11(VAIO社初代) 2014年7月発売
  • VAIO S11 2015年12月発売

「VAIO S11」2015年冬モデル!買いたい人が最後に見るレビュー

ソニー時代はだいたい1年に4回マイナーチェンジが行われていましたね。
マイナーチェンジとはいえ、どんどん進化していたので、買う時期も難しかったですが(笑)

VAIO Pro11からVAIO S11登場までの間隔はだいたい1年半です。
会社の規模や方針もソニー時代から変化したこともあり、モデルチェンジの回数は減りましたね。

おそらく、1回のマイナーチェンジでも結構なコストがかかるのでしょう(在庫や生産ラインなど(?))。

ではどういうときに次のモデルがでるのかを考えてみたのですが、CPUの進化がひとつのカギになっているのではないかと思いつきました。

インテルのCPU開発

VAIOをはじめ、パソコンに搭載されるプロセッサーといったら「Intel」ですね。
ノートパソコンでは、IntelのCore iシリーズが搭載されているものがほとんどです。

現行VAIOのほとんどでは、第6世代Core iシリーズ、通称「Skylake(スカイレイク)」を搭載できます。

CPUの性能を向上させるとはどういうことか?

CPUは、同じ面積の基盤の上により多くのトランジスタを配置できるようになれば高性能化されます。

指標はプロセスルールと呼ばれる数値です。
プロセスルールは最小加工寸法を表しています。
厳密には違うようなのですが、難しそうだったのでそういう風に理解しています。

加工の単位が小さくなればなるほどたくさん敷き詰められるようになるので、性能が向上するわけです。

ちなみに「Skylake」のプロセスルールは14nm。ミリではなくナノメートルです!

nm(ナノメートル)はmm(ミリメートル)の下のµm(マイクロメートル)の下の単位です。
メートルに直すと、0.000 000 001mです。

ちなみに最近話題のピコ太郎の「ピコ」の上の単位になります。

IntelのTICK-TOCK戦略

Intelの開発スケジュールは、時計の針になぞらえてTICK-TOCK(チクタク)と呼ばれています。
TICKでプロセスルールを微細化し性能向上、TOCKで最適化などによって性能向上という風に進んできたわけです。

現在の14nmは第5世代「Broadwell(ブロードウェル)」から導入されたため、第6世代「Skylake」は「TOCK」に当たります。
とすると、次はTICKなので、プロセスルールの微細化が行われると思いきや、第7世代「Kaby Lake」も14nmのままとなりました。

微細化もそろそろ限界が近いと言われていて「TICK TOCK TOCK」と3ステップ(もしくはそれ以上)での開発に変更となったわけです。

開発中の第8(?)世代「Cannonlake」でプロセスルールが10nmになる予定のようです。

Intel Core iシリーズの開発スケジュール

登場年 TICK-TOCK プロセスルール 世代 マイクロアーキテクチャー
~2010年 TICK 45nm,32nm 第1世代 Nehalem
2011年1月ごろ TOCK 32nm 第2世代 Sandy Bridge
2012年4月ごろ TICK 22nm 第3世代 Ivy Bridge
2013年6月ごろ TOCK 22nm 第4世代 Haswell
2015年1月ごろ TICK 14nm 第5世代 Broadwell
2015年9月ごろ TOCK 14nm 第6世代 Skylake
2016年8月ごろ(*1) TOCK 14nm 第7世代 Kaby Lake
2017年年末(?) TICK 10nm 第8世代 Cannonlake

(*1)Uプロセッサー(超低消費電力版),Yプロセッサー(極低消費電力版)のみ。デスクトップ向けなどは2017年1月発表予定とのこと。

Intel、Kaby Lakeこと第7世代Coreプロセッサを正式発表 ~Skylakeからビデオエンジンが強化 - PC Watch

おおよそ1年に1度モデルチェンジが行われており、だいたい2年に1度くらいのペースでプロセスルールが微細化されていたのがわかります。

過去のVAIO S11系統の機種と搭載されていたCPUの世代を調べてみる

発売年月 機種 搭載CPU
2013年6月発売 VAIO Pro11 2013年夏モデル Haswell(第4世代)
2013年10月発売 VAIO Pro11 2013年秋冬モデル Haswell(第4世代)
2014年2月発売 VAIO Pro11 2014年春モデル Haswell(第4世代)
2014年7月発売 VAIO Pro11(VAIO社初代) Haswell(第4世代)
2015年12月発売 VAIO S11 Skylake(第6世代)

VAIO Pro11とVAIO S11の間は1年5ヵ月あいています。
VAIOとして独立した直後で、開発方針の決定、組織や製造工程の見直し、パーツの確保など大変だったんじゃないかと勝手に想像しています。

新しいCPUが登場すると、基本的には新しいCPUを搭載していますね。
つまりVAIO S11の次期モデルがでるとすれば、Kaby Lakeを搭載しているはずです。

開発期間の問題はありますが、去年のことを考えると次のVAIO S11が12月ごろに登場してもおかしくはありません。

過去の新VAIOの日と曜日をまとめると・・・

機種 発売日と曜日
VAIO Z(2015年モデル) 2015年2月16日(月)
VAIO Fit15mk2 2015年4月23日(木)
VAIO Z Canvas 2015年5月29日(金)
VAIO Pro13mk2 2015年6月11日(木)
VAIO S11 2015年12月18日(金)
VAIO S13 2016年2月5日(金)
VAIO S15 2016年2月5日(金)
VAIO Z(2016年モデル) 2016年2月26日(金)
VAIO C15 2016年7月26日(火)

曜日としては(木)、(金)が多いですね。

月としては2月が多いです。
ビジネス向けのモデル(Zシリーズ,Sシリーズなど)は、決算(3月末や9月末)の前に発売しておきたいのではないかと思います。
特に4月は新入社員が入社するということもありますし、会社に導入するPCの選定や新入社員の準備などの期間を考えると2月なのかなと思ったりします。

いまや法人向け事業はVAIOの主力ですからね。十分関係あると想像します。

法人向けVAIOと個人向けVAIOの違いと詳細

VAIO S11の次期モデルの発売予想(願望)!

いろいろなデータを見てきましたが、次期モデル(2016年モデルor2017年モデル)のVAIO S11の発売時期の予想(願望)を発表したいと思います!

ずばり2016年12月16日(金)と予想します!

>>ソニーストア「VAIO」情報ページ

考えれば考えるほどわからなくなったので、1周回ってシンプルに去年と同じパターンに戻ってきました。

考えたこと

CPUの発表時期との関係から考えると、2015年12月発売モデルのVAIO S11(現行)が新CPUの発表からだいたい3ヵ月後だったことから、同じパターンで2016年12月のクリスマス前かなと思いました。
ちなみに、Skylakeは8月発表なんですが、8月末だったので、ほぼ9月と考えてます。

ただ、現在キャッシュバックキャンペーン中(2017年1月16日まで)なんですよね・・・。これが悩ましいです。
キャッシュバックキャンペーン中に新製品を登場させるでしょうか??・・・難しいです。わかりません(笑)

キャッシュバックキャンペーン終了後で考えると、2017年1月27日(金)とかかなと考えてます(なんとなく大安だったので)。

さらに考えると、2月はアツイ月です。
2015年はVAIO Z。2016年はVAIO Z、VAIO S13、VAIO S15と発売されています。
仮にVAIO S13などが2月に登場するとして、同時に発表するのって結構ありそうですよね。

しかし、第7世代「Kaby Lake」は、まだCore i7-7500UなどのUプロセッサー(超低消費電力版)とYプロセッサー(極低消費電力版)のみが発表されているだけです。
VAIO Zに搭載されるであろうTDP28WのUプロセッサーやVAIO S15に搭載できるであろうクアッドコアのCPUは発表されていません。2017年1月発表という話です。

VAIO ZとVAIO S15は例えば4月以降なのではないかと思います(早ければ早いだけうれしいですが)。
1月発表のCPUを搭載したモバイルノートを2月に発売できるなら(事前に新CPUが供給されるなど)とてもうれしいのですが、外部からはさっぱりわかりません。

現在発表されている「Kaby Lake」のUプロセッサーラインは、従来通りで考えれば、VAIO S11とVAIO S13に搭載されると考えられます。

なので、2月にVAIO S13発売の可能性は十分あると思います。
ということで、2月にVAIO S11とVAIO S13の同時発表パターンもあるなと思ったのですが・・・。

この前13インチのMacbook Proが発売されたことを考えると、VAIO S13の次期モデルの発表はもっと早くても良いかもしれません。
可能ならクリスマス商戦に間に合わせたい気もします(お前は誰だ)。

キャッシュバックキャンペーン問題はありますが、VAIO S11とVAIO S13を12月のクリスマス前に発表が一番面白いかなと思いました。

VAIOキャンペーン情報まとめ!2016年11月~

VAIO S11発売日予想まとめ

考えれば考えるほど、わからなくなったので、競馬新聞風にまとめてみました。
もはや発売「日」ではなかったりもしますが大目に見てください(笑)

予想日 本紙予想 寸評
2016年11月 一発アリ
2016年12月16日(金) 去年と同じパターンで
2017年1月27日(金) キャッシュバックキャンペーン後に
2017年2月 2月はアツイ
2017年3月 - 決算月と新入社員の準備を考えると
2017年4月 - ここまでには欲しい
2017年4月以降 - さびしい

>>ソニーストア「VAIO」情報ページ

予想の前提

「1年に1回はマイナーチェンジ(またはモデルチェンジ)すると良いなー」というところから記事を書いています(笑)
VAIO S11がそういうような開発スケジュールではなかったら、そもそもの前提が違うので、まったく外れます!ご注意ください。

新機種でると良いなと思いますし、CPUを第7世代に変えるだけでもパフォーマンス的には意味があると思います。
自分はパソコン製造にかかわったことがないので、素人目には「CPU乗せ換えるだけなんだから比較的簡単そう」とか思ってしまいますが、よく考えるとハードやソフトを最適化するためのチューニングなどがあるのかもしれませんね(よくわかってない)。

2016年12月verの予想記事もあります。

VAIO 次期モデルの発表時期について予想してみた! 【2016年12月ver】

VAIO S11に追加されたら良さそうな機能

USB Power Delivery

VAIO S11にはUSB Type-Cが搭載されています。
伝送速度などにすぐれるため、ハブを使えば1本で複数機器と接続可能です。

VAIO S11からは、デスクトップPCを持ち歩く(もしくはモバイルPCをデスクトップのように使う)というような目標地点・ゴールを感じるのですが、そのゴールのためにはUSB PD(Power Delivery)があるとより便利だと思います。
現行のVAIO S11にはUSB PD機能はありません。

USB PDを簡単に説明すると、USB給電機能をパワーアップしたものです。
接続機器ごとの電源コードが必要なくなります。

USB超入門(2)USB Power Deliveryとは?[RATOC]

>>ソニーストア「VAIO」情報ページ

追記:2016年11月15日に新色「ピンク」登場!

2016年11月15日にVAIO S11に新色のピンクが登場しました。

VAIO S11に新色!大人な「ピンク」が追加されました!

VAIO S11に新色!大人な「ピンク」が追加されました!

他にもVAIO Zに第三世代ハイスピードプロSSDが搭載できるようになったりしています。

今回の発表を「秋冬モデル」としてとらえた場合、次期モデルは年が明けたキャッシュバックキャンペーン後かなと想像しています。
となるとVAIO S11は2月??そして、今回何も発表がなかったVAIO S13のほうがにわかに怪しくなってきた印象を受けています。

>>ソニーストア「VAIO」情報ページ

ソニーストア VAIOキャンペーン情報

ソニーストア VAIOキャンペーン情報

キャンペーン期間 : 2017年8月24日(金) AM9:00まで

VAIO Z フリップモデル
「メモリー(16GB)」
通常より10,000円引き

VAIO Z クラムシェルモデル
「ディスプレイWQHD(2560×1440ドット)」
通常より10,000円引き

VAIO S11
現在実施中のキャンペーンはありません。

VAIO S13
現在実施中のキャンペーンはありません。

VAIO S15
「追加メモリー(8GBメモリー追加)」
通常より3,000円引き
「HDD(ハイブリットHDD 1TB)」
通常より2,000円引き

VAIO C15
現在実施中のキャンペーンはありません。

VAIO Z Canvas
販売終了しました

VAIO社3周年キャッシュバックキャンペーン
キャンペーン期間中にVAIO S11・S13・S15・Zを購入すると、今なら10,000円のVAIOオリジナルデザインのVISAプリペイドカード がもらえるキャンペーン
キャッシュバックキャンペーン対象期間は2017年7月31日(月)まで
(*1)一部注意点があります。キャッシュバックキャンペーンから詳細を確認できます。

VAIO夏の買い替え応援キャンペーン
条件を満たすと、最終査定金額に最大+20,000円の下取りキャンペーンです。
(*1)ソニー製VAIO Z、VAIO DUO、VAIO Pro、VAIO Fit、VAIO Tapシリーズ

お支払方法で「ソニーストアお買物券」を選択すると、「現金」よりさらに10,000円を加算してVAIOやソニー商品の購入に使えるお買物券を発行しています。

ご成約記念品キャンペーン
2017年7月6日以降に対象のVAIOを購入された方に先着で「VAIOロゴ」入りのUSBメモリーをプレゼントするキャンペーンです。対象VAIO:VAIO S11、VAIO S13、VAIO S15

      2017/01/05

 - VAIO S11 , , ,